手汗用制汗クリーム【コルクル】一ヶ月間使って効果を検証してみた!

コルクルってどうなの?試してみたよ

手汗用制汗クリーム【コルクル】を実際に一ヶ月間使って効果を検証してみました!

 

 

手汗でハンカチが手放せない男性のイラスト画像

こんにちは!当サイト管理人の手野平 雫(てのひら しずく)です!

 

当サイトは手汗に悩んでいる管理人が口コミでの評価が高い手汗用制汗クリーム【コルクル】を実際に一ヶ月間使ってその実力を検証しているサイトです。

 

リアルに手汗に悩んでいて毎日ハンカチが手放せないない”自称ハンカチ王子”がこのサイトを運営していますw

 

僕は今までにいろいろ手汗用の制汗剤を試しきました!効果があったもの、全く無かったものまで多分30種類以上は試しています。なので、制汗剤に関する知識は人よりも豊富だと自負しています。

 

そんな僕が今ネットで爆発的に売れているコルクルを実際に1ヶ月間試してみて、本当に口コミ人気の通りの実力があるのか?という部分を徹底的に検証していきます。

  • コルクルは本当に手汗が止まるのか気になる!
  • 口コミで人気だけど実際に使っている人の感想を聞きたい!
  • コルクルってどんな成分をつかっているの?副作用はないの?
  • コルクルをお得に買う方法は?

 

コルクルに興味はあるけど、実際にどんな商品なのか良く分かっていない人のために、購入する前に知っておいた方がいいコルクルの全てを丁寧に解説していきます!

 

大人気の手汗用制汗クリーム【コルクル】

 

早速コルクルを購入してみたよ!

早速コルクルを注文しました!コルクルは通販限定の商品なので、ドラックストアとか薬局などでは市販されていません。

 

なのでコルクルを購入しようと思ったら公式サイトとか、Amazon、楽天市場など大手の通販サイトで購入することになります。

 

今回僕は一番お得な公式サイトから購入しました。価格についてはコチラで詳しく解説しています。(⇒コルクルの価格)

 

コルクルが届きました

コルクルの梱包

 

公式サイトで購入するとこんな感じの梱包で届きます。僕が購入したときは、注文してから3日程度で届きました。

 

人気商品なので在庫の関係とかで遅くなることもあるみたいですが、在庫さえあれば公式サイト経由なら2,3日で届くはずです。

 

公式サイトには「翌営業日には発送」と記載されています。

コルクル公式サイトの配送に関する表記のキャプチャ画像

(クリックで拡大できます!)

 

コルクルの中身はこんな感じです。

コルクルの内容画像

 

本商品と明細書、サンキューレター、パンフレット等が3枚同封されています。ガヤガヤとたくさんのチラシが入っていいないのがいいですね。

 

画像に写っているものは、万が一返金保証を利用するとなった時に全て返品しなくてはいけません。どれかが欠けると返金をされない場合があるので商品が届いたらダンボールや同梱物は捨てないで保管しておきましょう。

 

商品の大きさやテクスチャを確認!

コルクル本商品の大きさを鼻毛カッターと比較した画像

 

 

大きさはちょうど僕が使っている鼻毛カッターと同じくらいの大きさですねw女性にもわかりやすく説明するなら小さめの歯磨き粉のチューブくらいの大きさでしょうか。

 

公式サイトによるとこれ1本(45g)で、一日6,7回使う計算で約1ヶ月分だそうです。内容量をどのくらいにするか?のテストを1,086回も繰り返して理想の内容量になっているそうです。

 

(無理に一ヶ月分の大きさにしなくても、多いなら多いでそれに越したことはないのになぁ・・と思うのは僕だけでしょうかw)

 

本当にこの量で1ヶ月持つのか?ということも検証していきたいと思います。

 

テクスチャはこんな感じです。

コルクルのテクスチャ画像

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、真っ白なクリームで硬さや伸びの良さなどは通常のハンドクリームと大きな差は感じないですね。ニベアとかあの辺の有名なハンドクリームクリームを想像してもらえればどんなテクスチャかはだいたい想像がつくと思います。

 

香りは香料などが含まれていないため原料が持つ香りがそのまま出ています。原料にメントールを配合しているので薄っすらとミント系の香りがします。

 

ただ、手のひらに塗り込んでしまえば香りはほとんど残りません。”ほぼ無臭”と言っていいと思います。

 

 

コルクルは手汗用の制汗剤では珍しいクリームタイプなので、使い心地などは気になるところです。

 

ベタベタしないのか?ちゃんと効果を実感することができるのか?など、最も重要な部分を実際に1ヶ月間使って確認していきます。


 

手汗用制汗クリーム【コルクル】

 

【コルクル使用初日】使い心地を口コミ!

僕の手汗はこんな感じ

当サイト管理人のリアルな手汗の状態画像

コルクルの実力を検証する前に、僕の手汗がどんなレベルなのかを画像で確認しておきましょう。

 

普通の人は緊張や不安・興奮など心理的なストレスがかかると手汗をかくのですが、僕の場合、全然普通の心理状態の時でもダラダラと汗をかきます。

 

外が暑い・寒いは関係ありません。「とりあえず手汗だけは欠かさないぜ!」みたいな身体の意気込みを感じ取れるレベルの手汗を常時かいていますwいわゆる手掌多汗症という「手のひらの多汗の病気」の持ち主なのです。

 

画像に見えるキラキラ輝いているのはお水ではなく僕からにじみ出てくる手汗ですw汚くて申し訳ないですが、これが僕のリアルな日常の手汗なのです・・・・汗

 

コルクルでこのレベルの手汗が止まるのか?という部分に注目してくださいね。

 

早速コルクルを使ってみる

コルクルのテクスチャ画像

一回分はコレくらいかな。これよりもうちょっと少なくても大丈夫ですね。伸びの良いテクスチャなので少量でもいい感じで馴染んでいきます。

 

保湿目的のハンドクリームと違って制汗成分を浸透させることが目的なのでベタベタになるくらいまで塗る必要はありません。薄ーく手のひらに馴染む程度でOKです。

 

ベースの原料ににアルコールが使用されているので揮発性が高く使ってすぐにサラサラになります。ニオイもほとんど気になりません。

 

最初の一週間は夜寝る前の手汗が少ない時間帯を狙って使っていきます。(コルクルの正しい使い方をコチラで解説しています。⇒使い方)

 

使って一日目は使い心地をチェック!

初めてコルクルを使った日は手汗が止まったのか?・・・気になる初日の結果ですが、手汗は全然止まりませんでしたw

 

夜寝る前に使って朝起きた時はサラサラだったのですが、活動的になる日中になるといつものように手汗は出ていました。

 

しかし、制汗剤は使ってスグに効果がでるものではありません。今までいろいろな制汗剤を試してきた僕の経験的にも初日で効果を実感できることはほぼ無いと断言できます。

 

使ってスグに効果を実感できないのは制汗剤がどうやって汗を止めるのかという仕組みに関係しています。

 

制汗剤はどうやって汗を止めるのか?

 

固まったタンパク質が汗腺をを塞いで汗を止める!

制汗剤に含まれる汗を止める成分は、汗腺内のタンパク質に働きかけて汗腺を塞ぐ(収れん作用)という仕組みで汗を止めます。汗の出口にタンパク質のフタをして汗を止めるというイメージです。

 

この働きは肌にとって刺激となるため急激に作用させると手肌が荒れてしまいます。

 

手汗用の制汗剤に含まれる制汗成分には主に、塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウム、フェノールスルホン酸亜鉛などがあります。

 

コルクルのメイン成分「フェノールスルホン酸亜鉛」は収れん作用が穏やかな成分で刺激性が低く手が荒れにくいという性質があります。

 

しかし、収れん作用が穏やかなので手汗を止める効果は塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウムに比べると弱いと言われています。

 

 

手汗用の制汗剤は使ってスグに効果を実感できるということはありません。徐々に汗腺が塞がれていくと汗がでにくくなって効果を実感できるようになります。

 

使ってスグに効果を実感できるような制汗剤だと手肌への刺激も大きくなってしまいます。

 

制汗力と刺激性はほぼ比例しているので、使っていてイマイチ効果を実感しにくいくらいの方が安全に長く使い続けることができます!


 

低刺激で肌に優しい制汗クリーム

 

 

コルクルを使い始めて一週間経過。効果は実感できた?

一週間使ったあとの手のひらはこんな感じ

コルクルを使い始めて一週間経過時の手のひらの画像

コルクルを使い始めて一週間が経ちました。手のひらはこんな感じです。乾いた状態が続く時間がかなり増えてきてとても良い感じです。♪

 

画像を見てもらったら分かりますが、全く手肌は荒れていません。使っていてかゆみや違和感を感じることもありませんでした。まだ一週間ですが、このまま使っていても体感的には全く問題なさそうな感じがします。

 

 

肝心の手汗を止める効果ですが、僕の場合は4日目くらいまではなかなか効果を実感することができませんでした(毎晩寝る前に1回使用)。ただ、手肌が荒れないので気にせずに使い続けました。

 

初めて効果を実感できたのは5日目くらいかな。昼過ぎになっても手汗が出ていないので「あれ手汗がとまってるかなか?」っていう程度でしたがやはり嬉しい瞬間ですね。

 

6日目、7日目になると手汗が止まっている時間が明らかに増えました。ただ、完全に止まったわけではなくじんわりと湿るくらいには手汗はでています。僕の手汗は多い方なので、軽度の手汗なら一週間でかなりの効果を実感できるようになると思います。

 

6日目までは寝る前だけに使用していましたが、日中に手汗が止まる時間が増えたので、7日目からは日中でも手のひらが乾いているタイミングを見計らってガンガン使っていくことにしました!

 

 

コルクルを一週間使ってみて、使い心地制汗力については概ね高評価を付けることができます。

 

5日目にはちゃんと手汗が止まる効果を実感出来ました!ただ、コルクルを使うことで手汗を意識してしまう時間が増えてしまっったような気がします。

 

手汗は意識してしまうと余計に量が増えてしまう原因になるので注意が必要だなぁと思いました!(参考⇒手汗は精神性発汗)


 

【最終報告!】コルクルを一ヶ月間使った正直な感想を口コミ!

一ヶ月間使用した残量はこれくらい

コルクルを一ヶ月間使用したあとの残量を確認する画像

使い初めて一ヶ月が経ちました。一ヶ月使ったあとの残量をミニボトルに移し替えてみました。ちょっと分かりにくいですが、2,3割は残っています。僕の使い方だと2ヶ月は持たないけど一ヶ月以上は確実に使える量ですね。

 

後半は効果がしっかりと出てきて手のひらが乾燥する時間が増えたので結構マメに使っていました。それでもコレだけ残るならコスパも悪くないんじゃないでしょうか。

 

一ヶ月間使ってみて結局手汗はどうなったの?

実際に一ヶ月間使ってみて分かったコルクルの実力を「制汗力・コスパ・使いやすさ・安全性」の4つに分けて評価したいと思います。

 

 

制汗力

一番気になるコルクルの手汗を止める効果についてですが、結論から言えば、コルクルでちゃんと手汗は止まります!

 

最初の一週間は微妙でしたが、使い続けていくうちに手汗が止まる時間が増えていくんですね。乾いた手のひらに使用することでどんどんと効果を引き出すことができるので、最初は効果を実感できなくても使い続けることが重要だなぁと思います。

 

 

コスパ

価格についてはコチラで詳しく解説しますが、コスパに関しても他の手汗用制汗剤に比べるとかなり優秀な方だと思います。

 

公式サイトによると一本で一ヶ月分となっていますが、僕の場合(1日に平均3,4回使用)だと一ヶ月以上は確実に持ちます。口コミをみてると一本で3ヶ月は持つって人もいます。お金の無い学生さんとかには全力でおすすめです!

 

 

使いやすさ

使い易さもいいですね。普通のハンドクリームのようなデザインなので男女関係なくどこでも気兼ねなく使うことができます。伸びの良いテクスチャはケチケチ使ってもしっかりと効果を実感できます。

 

使ってもらったら分かりますが、普通のハンドクリームに比べてベタつき感が残らないのも良いです。使ってて不便だなぁと感じる部分はほとんどありません。

 

 

安全性

細い成分の解説はコチラで詳しく行いますが、成分的にも深刻な副作用などが懸念されるようなものは入っていないので普通のハンドクリームとしてもちゃんと使えます。

 

しかし、手汗に悩む人にとってはあまり必要のない成分が多く配合されているという点は少し気になりますね。殺菌や消臭効果の高い成分が多数含まれていますが手汗にはニオイのもととなる成分が含まれていませんからね。

 

 

コルクルの良かった点

コルクルを使用して良かった点、喜んでいる男性のイラスト画像

  • 手汗を抑える制汗力
  • 人目が気にならないデザイン
  • 手肌に優しい低刺激処方
  • 伸びが良くてベタつきが少ないテクスチャ
  • 気軽に使える利便性
  • 定期コース初回無料でコスパが良い

 

手肌への影響を考えて刺激性の低いフェノールスルホン酸亜鉛をメインの成分に使用しているので最初は多少効果を実感しにくい部分はありますが、継続することでしっか手汗を抑える効果を実感できる部分は評価できる部分です。

 

またデザイン性の高さも口コミ人気の高く理由でしたね。僕は個人的にはあまりデザインとか気にならないのですが、女性とかで人目に敏感な人でも気にすること無く使えるデザインは高評価です。

 

携帯性、利便性も高くいつでもどこでも使えるクリームタイプの手軽さはとても使い勝手がいいです。僕はパウダータイプ、ジェルタイプ、ローションタイプと一通りの手汗用制汗剤を使ってきましたが、使っていて一番楽なのは断トツでクリームタイプですね。

 

 

コルクルのここが不満!

コルクルを使用して不満が残っている男性のイラスト画像

  • 効果を実感出来るまで時間がかかる
  • 単品一個お試しだと割高
  • 余計な成分が多い?
  • メインの成分のチョイスに疑問

 

確かに手汗が止まる効果は実感できるのですが、実感できるまでに時間がかかるります。それはメインの制汗成分に定番の塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウムではなくフェノールスルホン酸亜鉛を使用しているからでしょう。

 

従来の制汗剤では手肌が荒れてしまうというのが弱点でしたからその点に配慮しての「フェノールスルホン酸亜鉛」だとは思うのですが、制汗力という意味では塩化アルミニウムやクロルヒドロキシアルミニウムに劣るような気がします。

 

あと、成分の話しでいうとコルクルには消臭や抗菌作用のある成分が多数配合されているのですが、正直わき汗に使うわけじゃないんだし要らないよね?っていう成分があるのも気になります。入っていて困るものではないですが必要なものでもないです。

 

 

こんな人はコルクルを購入しない方がいい。

一ヶ月間実際に使ってみた経験を踏まえてこんな人はコルクルを購入しない方がいいんじゃないかなぁと思う人をあえて挙げてみます。

 

基本的には手汗に悩んでいる人にはおすすめできるアイテムですが、以下のような人は別の方法を検討してみてもいいかもしれません。

 

使ってスグに手汗が止まるものが欲しい人

そもそも、制汗剤に即効性は期待できないですから「今日使って明日にはピタッと手汗が止まっている」みたいなものを期待している人はコルクルに限らず制汗剤で手汗を止める方法を諦めた方がいいです。

 

効果を実感するまでに速い人でも2日、3日はかかります。僕の場合は5日目くらいになんとなく分かるようになって、効いてきたなぁと確信できたのは一週間を過ぎたあたりからでした。

 

 

半永久的な効果を手に入れたい人

手のひら表面の細胞も日々、新陳代謝を繰り返してしますから、塞がった汗腺も使用を中断したらスグに開いてしまいます。コルクルの効果を維持するためには日常的に使用する必要があるんですね。

 

半永久的に手汗を止める方法としてETS手術と呼ばれる神経を切除する手術がありますが、手術にかかる費用が高額なことと代償性発汗と呼ばれる副作用のリスクがあります。

 

何もしないで何のリスクもなくてピタッと手汗が止まる方法は残念ながら無いんですね。本当に手汗は厄介です・・・・。

 

 

手を洗う習慣がない人

これは僕だけかもしれませんが、使う度に毎回手を石鹸で洗ってキレイにするのが面倒くさいんですねw(手汗でべちゃべちゃになってもそのまま放おっておくタイプです・・・)

 

女性とか医療従事者とかで普段から手を洗う習慣がある人はいいのですが、僕みたいにその辺にルーズな人は購入を控えた方が良いかもしれません。

 

使用前に石鹸でキレイにしないと思ったような効果を得ることはできません。使用前は必ず石鹸で手を洗いましょう。

 

結論!コルクルは手汗に悩んでいる人なら試す価値あり!!

コルクルは手汗に悩んでいる人なら試す価値あり!

 

一ヶ月間実際に試して見た結果、僕のような手掌多汗症の手汗でもしっかりと効果を実感することができました。

 

コルクルの良かった点をおさらい

  • しっかりと効果を実感できる制汗力
  • 手肌に優しい低刺激なレシピ
  • 使い勝手のよいクリームタイプ
  • 人前でも使えるシンプルでオシャレなデザイン
  • 定期コースならコスパも良し

 

 

 

ゆっくりだけど確実に手汗が止まる制汗力に加えて、低刺激で安全性の高いレシピ、使いやすさ、コスパの良さなどどれをとってもおすすめできる内容になっています。

 

定期コース選択で初回無料のキャンペーンもあるし、ユーザーのリスクを軽減する返金保証もついています。

 

手汗用の制汗剤を使ったことがない初心者さんにおすすめです!


 

購入前に公式サイトを隅々までチェックしよう!

 

コルクルの内容に納得できて購入を検討しているなら、購入前にかならず公式サイトを隅々までチェックしてください。

 

特に、価格面に関すること(定期コースや返金保証など)は重要なので何度も確認しておきましょう。

 

コルクル公式サイト

 

コルクル公式サイトには実際にコルクルを使用した人の感想や口コミが掲載されています。僕の口コミだけだと情報が偏るので僕以外にもたくさんの人の口コミをみてどんなものか確認してみて下さいね。